• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

婚外子差別は違憲との決定を受けて

2013年09月05日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

谷垣法務大臣に要望書を提出

こんばんは、魚住です。

 

本日夕刻、谷垣法務大臣に要望書を提出。民法の相続規定の婚外子差別は違憲、との昨日の最高裁判所の決定を受けて、①民法の改正法の早期提出、②出生届や寡婦控除など法定地位に起因する差別的な扱いの是正を求めたものです。

 

家族を大事にすることは勿論ですが、自ら選択・修正できない事柄を理由にその子に不利益を及ぼすのは法の下の平等に反することです。バランスを考えながら、不合理なことの是正、人権問題にしっかり取り組んで参ります。

(写真は法務大臣室にて)



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ