• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

制度めぐり活発に懇談

2013年09月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

団体との懇談会で要望を聞く魚住

行政書士らから要望受ける
党愛知県本部

公明新聞:2013年9月22日(日)付

 

公明党愛知県本部は21日、名古屋市で一般社団法人日本塗装工業会愛知県支部、日本行政書士政治連盟愛知会との懇談会を行い、それぞれ要望を受けた。魚住裕一郎東海方面議長、新妻秀規党県副幹事長(ともに参院議員)らが出席した。

 

日本行政書士政治連盟愛知会の山田高嗣会長らは、このほど災害発生時における行政書士と名古屋市との協力体制を定めた協定が公明党の推進で実現したことに謝意を述べるとともに、建設業における取引の安全性の確認などに役立つ、建設業許可申請書などを閲覧できる制度について、事業者の個人情報なども閲覧可能となっている現状に触れ「個人情報に留意した制度の再構築を」と要望した。

 

魚住氏らは「(個人情報に関する)対策強化を国や県に求めていく」と答えた。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ