• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

公認会計士制度で要請を受ける

2013年10月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

日本公認会計士政治連盟から公認会計士法改正についての要請を受ける公明党日本公認会計士懇話会=30日 参院議員会館

党懇話会

 

日本公認会計士政治連盟から公認会計士法改正についての要請を受ける公明党日本公認会計士懇話会=30日 参院議員会館

 

公明党日本公認会計士懇話会(魚住裕一郎会長=参院議員)は30日、参院議員会館で、日本公認会計士協会の森公高会長、日本公認会計士政治連盟の黒田克司会長らから公認会計士法改正についての要請を受けた。

 

席上、森会長らは、公認会計士が行う監査の信頼性を確保するため、公認会計士がその資格で税理士業務ができるよう関係法律の改正を要望。「公認会計士の税務業務を制限することは納税者の利益を損ない、国際標準を逸脱する」と述べた。

 

同懇話会顧問の山口那津男代表は「国民の立場で議論を尽くした上で的確な判断が必要。あるべき結論を出したい」と語った。

 

公明新聞:2013年10月31日(木)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ