• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

参院予算委員会の質疑要旨

2014年02月07日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

福島を研究開発拠点に
育休給付 支給要件見直し必要

 

6日の参院予算委員会での質問と答弁の要旨は次の通り。

 

簡素な給付措置

 

魚住裕一郎参院会長 4月の消費税率引き上げに伴い、低所得者に簡素な給付措置として臨時福祉給付金が支給される。市町村民税非課税者が対象となるが、どのような広報を行うのか。

 

佐藤茂樹厚生労働副大臣(公明党) 特設ホームページの開設や専用ダイヤルの設置のほか、新聞広告やテレビコマーシャルなどを順次実施する。また、地方自治体が行う広報についても、国が全額補助する。

 

魚住 「あなたは支給対象です」と相手にターゲットを絞った周知については、「税情報を税務当局以外で使わざるを得ないとなると、個人情報保護の問題はどうなのか」と指摘されていた。具体的にどうしていくのか。

 

厚労副大臣 3日の地方自治体向け説明会で提示したところだが、市町村の税務課の業務として2014年度分の非課税者に対し、課税されていない旨を確認するお知らせを行い、そこに給付金のお知らせや申請書を同封すれば、守秘義務の問題は生じないと示した。

 

中小企業支援

 

魚住 補正予算では中小企業・小規模事業者向けのさまざまな補助金があるが、周知徹底の方針は。

 

茂木敏充経済産業相 パンフレットを180万部作製して、中小企業団体や自治体などに配布し、全国で説明会を行っている。中小企業支援のポータルサイト「ミラサポ」に特設ホームページも作った。申請書類が膨大との声もあったため、今回は書類を従来の3分の1にした。

 

魚住 補正予算に創業促進補助金があるが、NPOなどの非営利法人は対象外と聞いている。NPO法人は全国に約4万8000あり、地域の雇用や活性化に役立っている上、起業の約半数は女性だ。女性の活躍推進という観点から対象とするべきだ。

 

経産相 3月に行う公募において、NPO法人の設立をめざす事業者も支援対象としたい。

 

育児休業給付

 

魚住 育児休業給付は現在、月10日以下の就労であれば給付が受けられるが、1日1時間でも働くと就労日として算定されてしまう。支給要件を見直すべきではないか。

 

厚労副大臣 要件を1日単位から時間単位にすることについては、公明党女性委員会からも同じ指摘を受けている。労働政策審議会で労使の意見を聞き、検討したい。

 

消費者問題

 

魚住 昨年秋、メニューの虚偽表示が大きな問題になった。早急にガイドラインをまとめるとともに、(消費者が)納得できるものにすべきだ。

 

森雅子消費者担当相 消費者の感覚、意見を参考にしつつ、分かりやすいガイドラインを作っていく。

 

魚住 ガス湯沸かし器による(一酸化炭素中毒死)事故で、消費者安全調査委員会(消費者事故調)の報告書が出た。真摯かつ丁寧に、遺族に説明することを要望する。

 

消費者担当相 二度と同じような事故を起こさせない、リコール(回収・無償修理)制度の効果的な運用も、今後検討したい。

 

被災地の復興加速・福島再生

 

魚住 東日本大震災から3年を迎えるが、(復興は)まだまだ道半ばであり、加速しなければいけない。だが、建設労働者の不足が深刻だ。

 

太田昭宏国土交通相(公明党) 待遇改善で若手の入職者を促進し、一度離れた技能労働者が戻ってくるようにし、外国人研修生が活躍できる舞台をつくるという三つの措置がある。関係省庁が連携する体制をつくった。

 

魚住 「福島・国際研究産業都市構想研究会」は、(東京電力福島第1原発事故で被害を受けた)浜通り地方に明るい未来構想だ。その狙いは。

 

赤羽一嘉経済産業副大臣(公明党) 20年を目途に画期的、先進的な新産業が集積され、魅力あふれる地域再生を大胆に実現したい。6月に将来像の提言を行う予定だ。

 

日韓関係

 

魚住 来年は日韓国交回復から50年であり、4年後に韓国の平昌で冬季五輪、20年に東京五輪・パラリンピックが行われる。待ったなしで関係改善へ行動を起こすべきだ。

 

安倍晋三首相 課題があるからこそ胸襟を開いて、前提条件を付けずに首脳会談を行うべきだ。対話のドアは常にオープンだが、ドアの中で待っているだけでなく、積極的に出て行って、首脳会談、政治レベルの交流が実現するよう努力を重ねたい。

 

核軍縮・不拡散

 

魚住 「軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)」外相会議が今年4月、広島市で行われる。外相の決意は。

 

岸田文雄外相 唯一の被爆国として核兵器のない世界をめざすために、国際世論をリードするのは、わが国の道義的責任だ。NPDI12カ国の外相に直接、被爆の実相に触れてもらい、国際社会に発信したい。

 

公明新聞:2014年2月7日(金)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ