• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

DV被害者・高齢者支援へ提言

2014年06月06日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

DV被害者・高齢者支援へ提言

皆様、こんにちは。梅雨入りとなりましたが、防災へ万全を期して参ります。

 

さて、昨6月5日、公明党法曹養成プロジェクトチームとして、谷垣禎一法務大臣に「これからの社会の要請に応える法曹の養成に関する提言」を提出。

 

例えばDV・ストーカー被害者への無料相談、高齢者・障がい者への訪問型法的サービス、大規模災害の被災者への法的支援など、いわゆる司法アクセスの改善のため、法テラス常勤弁護士の五年で倍増、を求めました。

 

また、ハーグ条約対応を含め国際的法的紛争対処能力を備えた法曹を供給するため、その能力アップの道筋(キャリアパス)構築に向け、在外公館や国内外の機関への法曹の配置、法テラスの活用等要請しました。

 

これからも、新たな時代に相応しい法律実務家養成を国民の側、利用者側に立って検討・提言し、実現して参ります。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ