• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

老朽マンション 建て替え促す

2014年06月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

国土交通委員会でマンション建て替え円滑化法改正案の質問をする魚住

マンション建て替え円滑化法改正案が可決

 

参院国土交通委員会は17日、マンション建て替え円滑化法改正案の採決を行い、共産党を除く与野党の賛成多数で可決した。

 

同法案は、マンションの一括売却に必要な条件を「所有者全員」の合意から「8割以上」に緩めたことなどが特徴。規制緩和で耐震性不足の老朽化マンションの建て替えを促す。

 

採決に先立つ質疑で公明党の魚住裕一郎氏は、公明党が1月、老朽化マンションの再生に向け、建て替え規制の緩和などを政府に提言した点に触れ、同法案を「提言に沿った内容だ」と評価。その上で、建て替えに関する相談、紛争処理体制の整備とともに、新築されるマンションの容積率(敷地面積に対する建物の延べ面積の割合)の緩和について「(どういう場合に認めるか)運用の基準を示すことが必要」と訴えた。

 

井上俊之国交省住宅局長は「許可基準の考え方を国交省が責任を持って示すことが重要」と答えた。

 

公明新聞:2014年6月18日(水)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ