• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

地域を支える体制強化

2014年06月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

日本生協連と懇談する石井政調会長と魚住ら

石井氏ら 日本生協連と懇談

 

公明党の石井啓一政務調査会長は24日、都内で日本生活協同組合連合会(日本生協連)の浅田克己会長らと社会保障政策などについて懇談した。魚住裕一郎参院会長をはじめ衆参の国会議員が同席した。

 

席上、浅田会長らは、住み慣れた地域で医療や介護などのサービスを一体的に受けられる「地域包括ケアシステム」を構築する施策の強化を要望。また、東日本大震災の被災地で日本生協連が行っている活動への支援なども求め、「今後も地域を支え、見守る活動をしていく」と述べた。

 

石井政調会長は、日本生協連が生活者を起点とした組織であることを指摘し、「党の政策と共通する部分が多くある。意見を政策に反映させたい」と応じた。

 

公明新聞:2014年6月25日(水)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ