• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

公明が地方創生の先頭に

2014年10月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

全員が議員力をアップし、魅力ある『静岡の創生』を推進しよう

静岡、長崎が県本部大会

 

公明党静岡県本部(代表=大口善徳国会対策委員長)の県本部大会が26日、静岡市内で開催され、大口県代表、同県本部顧問の魚住裕一郎参院会長、浜田昌良参院議員が出席し、あいさつした。

 

大口氏は、静岡県の人口減少数が全国ワースト2位であると指摘し、「全員が議員力をアップし、魅力ある『静岡の創生』を推進しよう」と強調。来年2月の焼津市議選、4月の統一地方選の大勝利を呼び掛けた。予定候補を代表して盛月寿美県議、松下正行・浜松市議が決意を述べた。

 

大会前に開催された結党50周年記念講演会では、政治評論家の森田実氏が講演し、「公明党の50年は日本の政治を浄化してきた歴史だ」と述べ、公明党の活躍に期待を寄せた。

 

公明新聞:2014年10月27日(月)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ