• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

日韓首脳会談の実現を

2015年06月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

あいさつする山口代表

国交50周年の講演会で山口代表が強調

 

公明党の山口那津男代表は21日午後、22日の日韓国交正常化50周年を記念して都内で開催された「韓日国交50周年記念講演会」(在日本大韓民国民団中央本部など主催)に来賓として出席し、あいさつした。

 

魚住裕一郎参院会長、高木美智代、遠山清彦の両衆院議員が参加した。

 

あいさつの中で山口代表は、日韓関係について、1965年の国交正常化から半世紀の間に経済や人的交流が飛躍的に拡大したとして、「今では共に力を合わせてアジアや国際社会の繁栄と平和、安定をリードしている」との認識を表明した。

 

その上で、両国間には「解決すべき問題が存在している」として、朴槿恵大統領の就任以来、安倍晋三首相との首脳会談が実現していないことに言及し、「これは誰もが望むところではない」と指摘。21日夕の日韓外相会談を契機に、「首脳会談を行うことができる環境を共に努力してつくっていきたい」と強調した。

 

さらに、今後、未来志向の日韓関係を構築していくため、これまで両国が築き上げてきた多方面にわたる交流の基盤を「さらに厚く、強くして、揺るぎないものにしていかなければならない」と述べた。

 

公明新聞:2015年6月22日(月)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ