• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

議員の日常活動を強化

2015年08月03日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

夏季議員研修会で平和安全法制について説明する魚住氏=2日 岐阜・関市

岐阜で夏季議員研修会
魚住氏ら出席

 

公明党岐阜県本部(水野吉近代表=県議)は2日、同県関市内で夏季議員研修会を開催し、「議員力アップ」に向けて重要政策課題などを学習した。これには、魚住裕一郎参院会長(中部方面本部長)、伊藤渉、中川康洋両衆院議員、新妻秀規参院議員が出席し、あいさつした。

 

魚住氏は、参院で審議中の「平和安全法制」の関連法案について、マスコミや一部の野党から「戦争法案」と批判されていることに対し「むしろ戦争防止法案である」と反論。その上で「日米防衛協力体制の実効性、信頼性を高めていく切れ目のない防衛体制を構築することが必要」と力説した。

 

一方、伊藤、中川、新妻の各氏は議員の日常活動や地方創生に向けた取り組みの重要性などを訴えた。これに先立ち、9月20日投票の北方町議選に挑む杉本真由美さんが決意を表明した。

 

公明新聞:2015年8月3日(月)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ