• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

戦後70年

2015年08月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

本日、在日本大韓民国民団の第70周年光復節中央記念式典(日比谷公会堂)に参加。党を代表して日韓の友好増進、ヘイトスピーチ等々についてご挨拶させて頂きました。

皆様 こんにちは!魚住ゆういちろうでございます。

 

猛暑が続くなか、70回目の終戦記念日を迎えました。内外すべての犠牲者の方々に哀悼の祈りを捧げ、ご遺族ならびに今なお深い傷痕に苦しむ皆様に心からお見舞い申し上げます。

 

「不戦の誓い」「平和への誓い」を新たにする日であります。戦後70年談話が昨日、閣議決定されました。痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明して来た歴代内閣の立場は、今後も「揺るぎない」とされております。

 

歴代内閣の談話継承が内外に伝わること、中国・韓国との関係改善に資するものとすべく、公明党は求めてきました。また、首相個人の談話ではなく、閣議決定で揺るがないものにしたことに強い意志が込められている、と評価するものです。

 

平和を実現するには、現実を直視した外交努力、そして、それを推進するために隙間のない安全保障の備えが不可欠です。戦争を起こさせない。平和主義・専守防衛を堅持。これからの公明党のすべき使命と責任を肝に銘じ全力を尽くして参ります。

 

本日、在日本大韓民国民団の第70周年光復節中央記念式典(日比谷公会堂)に参加。党を代表して日韓の友好増進、ヘイトスピーチ等々についてご挨拶させて頂きました。

 

まだ暑い日が続きます。ご自愛下さい。



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ