• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

大震災5年

2016年03月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

心が折れそうな被災者の方が「心の復興」を遂げるまで、共に歩み続けることを誓うものです。 本日、天皇・皇后両陛下ご臨席の下での「東日本大震災五周年追悼式」に参加させて頂きました。

皆様、こんばんは。魚住ゆういちろうでございます。

 

本日、あの東日本大震災から5年を迎えました。5年前も3・11は金曜日。参議院では、全閣僚出席の決算委員会(全般的質疑)の最中でした。第一委員会室のシャンデリアが大揺れし、質疑がストップしたことを鮮明に覚えています。

 

以来、5年。

 

公明党は「人間の復興」を掲げ、総力を挙げ大災害からの復興をリードして参りました。国会も地方議会も一丸となってです。

 

一方、政党、政治家の姿勢が如実に出た期間でした。大災害に対しパフォーマンス的行動を採る者。被災地に寄りつかなくなった者。また「遅い、にぶい、心がない」対応に心底怒りを覚えたものです。

 

心が折れそうな被災者の方が「心の復興」を遂げるまで、共に歩み続けることを誓うものです。

 

本日、天皇・皇后両陛下ご臨席の下での「東日本大震災五周年追悼式」に参加させて頂きました。

 

(写真は、式典会場入口)



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ