• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

現場に徹し政策実現へ

2016年08月08日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

党岐阜県本部の夏季議員研修会であいさつする魚住氏=7日 岐阜市

公明党岐阜県本部(水野吉近代表=県議)は7日、岐阜市内で夏季議員研修会を開催した。これには、魚住裕一郎参院会長、浜田昌良、新妻秀規、里見隆治の各参院議員、伊藤渉、中川康洋の両衆院議員らが出席し、あいさつした。

 

魚住氏は14人が当選した今回の参院選の結果、「参院公明党は非改選の議員を含めると25人になり、参院の総定数(242)の1割を超えた」と強調し、「現場に入って『小さな声』を聴き、地方議員と国会議員がさらに連携を強め、衆望に応えていこう」と呼び掛けた。

 

研修会では日常活動の強化などをテーマに7グループに分かれ、討議を行ったほか、中筬博之・高山市議が活動報告した。

 

公明新聞:2016年8月8日(月)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ