• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

拡大で全国リードしよう

2016年11月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

党大阪府本部の機関紙購読推進委員長会であいさつする魚住氏=18日 関西公明会館

党大阪府本部 機関紙推進長会を開催 魚住委員長が出席

 

公明党の魚住裕一郎機関紙推進委員長(参院議員)は18日、大阪市西区の関西公明会館で開かれた党大阪府本部(佐藤茂樹代表=衆院議員)の機関紙購読推進委員長会に出席し、12月から来年2月までの「機関紙拡大運動 集中期間」の取り組みに総力を挙げることを確認し合った。これには、府内の全市区町村の支部推進長らが参加した。

 

魚住氏は、国会での憲法論議や、先日閣議決定された平和安全法制に基づく新任務「駆け付け警護」などの国政の話題に触れ、「政治の真実の姿を伝えているのが公明新聞だ」と力説。また、府本部の日頃からの購読推進の闘いに謝意を示し、「大阪の勇気の拡大で全国をリードしよう」と呼び掛けた。

 

佐藤府代表は、「公明党の政策を正しく伝えているのは公明新聞しかない」と強調。府本部が独自に掲げる年間目標「分会24ポイント」に対し、「分会12ポイント」を集中期間内に全総支部、市区町村で完遂し、全市区町村で来年12月度実配の有権者比1%達成を誓い合った。

 

これに先立ち、石川博崇府本部代表代行(参院議員)、杉田忠裕・府機関紙推進委員長(大阪市議)があいさつ。党員の後藤千鶴子さん(北摂総支部)、通堂義弘・羽曳野市議が活動報告した。=関連記事新しいウィンドウで開く

 

公明新聞:2016年11月19日(土)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ