• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

新聞拡大は勝利の原動力

2016年12月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

党北海道本部の機関紙購読推進委員長会であいさつする魚住氏=17日 札幌市

北海道で機関紙推進長会
魚住委員長が出席

 

公明党の魚住裕一郎機関紙推進委員長(参院議員)は17日、札幌市内で開かれた党北海道本部(稲津久代表=衆院議員)の機関紙購読推進委員長会に出席し、来年2月までの「機関紙拡大運動 集中期間」の取り組みについて確認し合った。これには、同市内と周辺自治体の総支部推進委員長らが参加した。

 

魚住氏は、道央、千歳の両総支部が100カ月以上連続で地域有権者比1%を達成していることをはじめ、道内各地で愛読者づくりに励む党員の奮闘に感謝を述べた。その上で、「参院の“1割勢力”を占めることになった今夏の参院選での大勝利も、新聞拡大運動が原動力となった」と力説し、さらなる購読推進を呼び掛けた。

 

稲津道代表は、「着実な党勢拡大へ向け購読者を増やし、党理解の輪を広げよう」と強調した。

 

会合では、横山信一道代表代行(参院議員)、丸山秀樹・道機関紙推進委員長(札幌市議)があいさつしたほか、党員の小宮山ひとみさん(札幌豊平総支部)と石川和栄・当別町議が活動報告した。

 

公明新聞:2016年12月18日(日)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ