• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

未来志向の日韓関係へ/党訪韓団と国会副議長ら 歴史乗り越える努力共に

2017年08月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

韓国国会の朴副議長(中央右)との会談に臨む魚住氏(同左)ら=10日 ソウル市公明党訪韓団の魚住裕一郎団長(党参院会長)は10日、ソウル市内で日韓関係の発展に向けて韓国国会の朴柱宣副議長と会談した。輿水恵一、中川康洋両衆院議員、伊藤孝江、三浦信祐両参院議員が出席し朴副議長は、「韓日両国は歴史上辛い時期もあったが、最も重要な隣国だ」と強調。その上で「公明党は韓国への理解もあり、韓日関係の発展に貢献してきた。歴史の傷はなくならないが、それを乗り越える努力を公明党と共にしていきたい」と述べた。

 

魚住氏は「韓国は日本に文化を伝えた恩人の国だ。未来志向の関係を築きたい」と応じた。

 

さらに、朴副議長と魚住氏は、北朝鮮問題を巡り意見交換。北朝鮮による核実験や相次ぐ弾道ミサイル発射で緊張感が増す中、安全保障分野における両国の緊密な連携がますます重要になるとの考えで一致した。

 

姜韓日議連会長(前列中央左)と懇談する魚住氏(同右)ら=同党訪韓団一行はその後、同市内で、韓国の超党派国会議員でつくる韓日議員連盟の姜昌一会長らとも懇談。姜会長は「公明党は韓日の友好のみならず、アジアの平和構築もけん引している。さらに頑張ってほしい」と期待を寄せた。

 

また、日本で昨年6月に施行されたヘイトスピーチ(憎悪表現)解消法に言及し、在日韓国人らへの差別的言動の根絶に向けた公明党の努力に謝意を表明。同法成立に向けた与野党の合意形成に尽力したことを振り返りながら、魚住氏は「公明党は人間主義の政治を進める」と述べた。

 

党訪韓団は、同市内で与党「共に民主党」の宋永吉議員とも意見交換。宋氏は「韓日関係は感情的になる時もあるが、公明党がいつも冷静に動いてくれる。政治の根本は国民を不安にさせないことであり、公明党との友好、連携が大切になる」と語った。

 

公明新聞:2017年8月12日(土)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ