• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

機関紙推進 奮闘に感謝

2017年11月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

坂口さん(左)に感謝の言葉を述べる魚住氏(右)=22日 山梨・甲斐市

魚住氏 山梨・甲斐市の党員宅訪問

 

公明党の魚住裕一郎機関紙推進委員長(参院議員)は22日、山梨県甲斐市で党員の坂口浩子さんと岩間八重子さん(いずれも党甲斐西支部)の自宅をそれぞれ訪問し、公明新聞の購読推進をはじめ党勢拡大への長年の尽力に「本当にありがとうございます。ご奮闘に応えられるよう、しっかり頑張ります」と感謝と決意を語った。

 

坂口さんは、党員として30年近くにわたり、機関紙拡大や地域貢献に取り組み、本紙の党員紹介コーナーで掲載されたことなどに触れ、「機関紙拡大には苦労もありますが、必ず党勢拡大につながります。やはり、行動あるのみです」と笑顔で語った。

岩間さんと懇談する魚住氏=同

 

岩間さんは、毎回の「拡大運動 集中期間」に当たり、新たな挑戦をして拡大を成し遂げてきたことを紹介。

 

その際のエピソードとして「災害時に公明議員がいち早く現場に駆け付けた記事などを活用し、地元有力者にも購読してもらえた」などと語った。

 

公明新聞:2017年11月24日(金)付



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ