• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

民事司法 利用しやすく

2018年05月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

日弁連(右側)からヒアリングを行った党プロジェクトチームの初会合=9日 衆院第1議員会館

日弁連からヒアリング
党プロジェクトチームが初会合

公明党の民事司法改革に関するプロジェクトチーム(PT、座長=魚住裕一郎参院会長)は9日、衆院第1議員会館で初会合を開き、国民に利用しやすく、グローバル化に対応した民事司法に向けて日本弁護士連合会(日弁連)の菊地裕太郎会長らからヒアリングを行った。

 

席上、日弁連側は、刑事司法での裁判員制度導入や、法曹人材の増加など司法制度改革は成果を上げていると指摘する一方、民事司法については「依然として費用や時間がかかるといった国民の不満が強い」と述べた。

 

また、国際的な民事紛争などに巻き込まれた日本企業に対する巨額の制裁・賠償金の事例を踏まえ、グローバル化に対応した民事司法の重要性を訴えた。

 

公明新聞:2018年5月10日



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ