• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

生活の不安解消へ全力

2018年09月01日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

北陸夏季議員研修会の参加者と懇談する魚住氏(前列左から3人目)ら=31日 富山市

魚住氏ら 北陸夏季議員研で力説

公明党の魚住裕一郎参院会長は31日、富山市で開かれた党富山県本部(代表=吉田勉県議)、同石川県本部(代表=増江啓県議)合同の北陸夏季議員研修会に出席し、あいさつした。

 

魚住氏は全国の公明議員が取り組んだ「100万人訪問・調査」運動のアンケート結果に触れ、子育てに関する経済的な負担や介護にかかる家族の負担といった国民の生活不安が浮き彫りになったと強調。その上で「どこまでも地域の住民に寄り添い続け、一つ一つの課題解決に全力を挙げていこう」と力説した。

 

このほか、北陸信越方面の太田昌孝本部長(衆院議員)、浜田昌良副本部長(参院議員)と、新妻ひでき参院議員(参院選予定候補=比例区)もあいさつした。

 

公明党ニュース



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ