• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

12月は「機関紙拡大運動 集中期間」

2018年11月05日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

党理解深める決め手 

魚住委員長 愛媛で先駆の推進訴え

党愛媛県本部の機関紙購読推進委員会であいさつする魚住氏(右端)=4日 愛媛・松前町

公明党の魚住裕一郎機関紙推進委員長(参院議員)は4日、党愛媛県本部(代表=笹岡博之県議)が同県松前町で開催した機関紙購読推進委員会に出席し、12月の「機関紙拡大運動 集中期間」の目標達成へ、先駆の取り組みを呼び掛けた。

 

魚住氏は、日刊である公明新聞の役割について、党の方針や政策を全国の党員、支持者と速やかに共有できる点を強調。「公明党の真実の姿を理解してもらうための最大の“武器”であり、ネットワークを支える骨格である」と力説した。

 

また魚住氏は、今回の集中期間の取り組みとして、公明党らしさが凝縮された公明新聞「PR版」がこのほど完成したことを紹介。積極的な活用を呼び掛け、「盤石な党の基盤を築くため、愛媛から機関紙拡大の波を広げていこう」と強調した。

 

これに先立つ活動報告では、松山北支部の渡辺幹雄副支部長が、各地区で工夫しながら拡大している様子を発表。10ポイントを推進して参加した今治東支部の秋山ツヤ子副支部長は、新聞拡大を通じて党理解の輪が広がっている喜びを語った。畠山博文・宇和島市議は、議員率先で購読推進に取り組む活動を報告した。このほか、笹岡県代表、大塚啓史県機関紙推進委員長(松山市議)があいさつした。

 

関連記事

 

公明党ニュース

 



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ