• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

石井国交相に要望

2018年11月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

自動車道紀勢線の早期整備を要望
三重・御浜町議長ら

自動車道紀勢線の早期整備を要望 三重・御浜町議長ら

石井啓一国土交通相(公明党)は10月31日、国交省で三重県熊野市、御浜町、紀宝町からなる、熊野・南郡正副議長会の高岡洋会長らと会い、近畿自動車道紀勢線の未事業化区間の事業化に関する要望を受けた。公明党の魚住裕一郎、浜田昌良の両参院議員と地元市議が同席した。

 

高岡会長らは、紀勢線の未事業化区間について、全線開通が「地域全体の悲願だ」と強調。災害時には医療機関への搬送路として“命の道”となる紀伊半島を一周する同線の早期整備を求めた。

 

石井国交相は「できるだけ早く整備できるように努力する」と応じた。

 

公明党ニュース



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ