• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

東日本大震災八周年

2019年03月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

19.3.11国立劇場での八周年追悼式入口

皆様、こんばんは!魚住ゆういちろうでございます。
本日、東日本大震災から満8年。
犠牲になられた方々に哀悼の意をささげますとともに、被災された皆様に改めてお見舞い申し上げます。

 

発災当時、旧民主党政権による“決められない政治”“遅い、にぶい、心がない”対応にどれほど混乱したか。
公明党は、昨年の党全国大会で「防災・減災・復興」を「政治の主流」に据え、防災意識を高める教育を含めて「社会の主流」に押し上げていく方針を採択。一人の生命を守る、一人の人に寄り添う戦いを改めて誓うものです。

 

そして、現場の小さな声を具体的な形にしていく、国民・市民の隣にいる公明党地方議員の存在がどれほど大きいか。社会の「レジリエンス」(困難を乗り越える力)の要が公明党議員であると訴えて参ります。

(写真は19.3.11国立劇場での八周年追悼式入口)



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ