• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

独立法人の情報積極的に開示を 参院総務委で魚住氏

2001年11月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

27日の参院総務委員会で公明党の魚住裕一郎氏は、独立行政法人情報公開法案について、政府の見解をただした。

 

この中で魚住氏は、国民が公開情報を利用しやすいよう、インターネットなどでの公開を求めるとともに、特殊法人や認可法人で公開対象外とされた法人についても、「情報提供制度の中で、積極的に公開していくべき」と主張した。

 

これに対し、総務省の遠藤和良副大臣は、「法律に義務付けられていなくても、自主的に公開していくことは大変大事なことだ」と述べ、公開を促す姿勢を示した。

 

(2001/11/28付公明新聞掲載)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ