• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

党千葉県本部 緊急地域雇用特別交付金活用事業を視察

2001年12月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

12月14日、県立姉崎高校及び県袖ヶ浦市内の県有林を訪れ、千葉県が実施している緊急地域雇用特別交付金の活用事業を視察した。

 

姉崎高校では、外国人子女から、日本語学習等を含めた相談を受けるコーディネーターが活動している。また、間伐事業では、林業未経験者等が間伐作業に従事している。(2001/12/14)

 

*上記事業は、予算額2000億円(平成11年度補正)の緊急雇用特別交付金の活用事業。昨今の雇用情勢に鑑み、改めて、公明党の強い要請により、予算額3,500億円の緊急地域雇用創出特別交付金が創設されました。(補助率10/10)

 

・(緊急地域雇用創出特別交付金の配分例:千葉県 約120億円、神奈川県 約165億円、長野県 約64億円)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ