• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

「長野県小諸市・佐久市・軽井沢・御代田町・臼田町・佐久町の畜産経営及び中山間地域農業の活性化支援を求める要望書」を農水大臣宛に提出

2002年10月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

10月23日、党長野県本部軽井沢総支部の代表は、農水省を訪れ、農水大臣宛の「長野県小諸市・佐久市・軽井沢・御代田町・臼田町・佐久町の畜産経営及び中山間地域農業の活性化支援を求める要望書」を太田豊秋副大臣に手渡しました。

 

訪れたのは、赤尾忠男総支部長(小諸市議)、内堀千恵子・御代田町議、町田照美・小諸市議、川島靖史 ・軽井沢町議、柳沢俊二臼田町議、疇地稔小諸副支部長。魚住が同席しました。

 

要望は、1、BSE問題により経営難に陥った畜産農家への支援等、2、有害鳥獣被害対策の充実、3、中山間地域等直接支払制度の存続など。これらの要望は、本年9月29日に御代田町で行われた党長野県本部農政懇談会で寄せられた要望を集約したものです。太田豊秋農水副大臣は「環境省や林野庁とも連携を取りながら要望に対応していきたい」と回答しました。

 

(2002/10/23)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ