• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

安倍新首相が公明を表敬

2006年09月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

26日の衆参両院本会議で首相に指名された安倍晋三首相は同日午後、自民党の中川秀直幹事長、二階俊博国会対策委員長とともに、衆院の公明党控室を訪れ、神崎武法代表らに就任のあいさつを述べた。公明党から冬柴鉄三常任顧問のほか、太田昭宏幹事長代行、井上義久政務調査会長、東順治国会対策委員長が同席した。

 

この中で神崎代表らは、「おめでとうございます」と祝意を述べた上で、がっちりと握手。安倍首相は、「ありがとうございます」と謝意を表明するとともに、今後の政権運営に全力を挙げる決意を述べた。 引き続き、安倍首相は、参院の公明党控室を表敬訪問。浜四津敏子代表代行や草川昭三参院会長らが応対した。

 

小泉前首相が退任あいさつ公明、労ねぎらう

 

26日午前の閣議で小泉内閣が総辞職したことを受け、小泉純一郎前首相は同日午後、参院の公明党控室を訪れ、首相退任のあいさつを述べた。

 

小泉前首相が「どうもお世話になりました」と述べると、公明党の浜四津敏子代表代行は「お疲れさまでした」と前首相の労をねぎらった。 公明党側から草川昭三参院会長、こば健太郎参院幹事長、山口なつお参院政審会長、魚住裕一郎参院国会対策委員長らが出迎えた。 これに先立ち、小泉前首相は衆院の公明党控室を訪れ、神崎武法代表らにあいさつした。

 

(2006/09/27付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ