• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

行政書士の活動支援

2007年01月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

太田代表があいさつ 日行連の賀詞交歓会で 都内

 

公明党の太田昭宏代表は19日、都内で開かれた日本行政書士会連合会(日行連)、日本行政書士政治連盟(日政連、いずれも宮内一三会長)の賀詞交歓会に出席し、あいさつした。

 

 この中で太田代表は、司法制度改革や電子政府、電子自治体の推進などにより、日本の社会構造が変化していく中で、行政書士が「行政と庶民とを橋渡しする“街の法律家”としての役割を担っている」と強調。

 

 また、政府、自治体の電子化について、「(行政書士による)住民にとって温かい対応があってこそ推進できる」と訴えた上で、公明党は、行政書士がさらに活躍できる環境の整備に全力を挙げると決意を述べた。

 

 交歓会にはこのほか、山口なつお参院議員(参院選予定候補=東京選挙区)も出席し、あいさつした。

 

(2007/01/20付公明新聞掲載記事)



関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ