• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

河川整備早期着手を

2007年02月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

岐阜・源新川 冬柴国交相に要請

 

公明党の魚住裕一郎参院議員(参院予定候補=比例区)は28日、国会内で冬柴鉄三国土交通相に会い、岐阜県内に流れる源新川の砂防堰堤事業の早期着手について、申し入れを行った。

 

これには、公明党の塚本しゅんいち、たかい由美子の両土岐市議(いずれも市議選予定候補)が同席した。

 

魚住氏らは、源新川が土石流危険渓流であり、地域住民の不安が高まっていることを踏まえ、①同事業の早期着手②流末を含めた源新川の一体的な整備③工事用道路の整備--を求めた。これに対し、冬柴国交相は、要望の趣旨について理解を示した。

 

(2007/03/01付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ