• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

国民の声に応える政治を

2007年08月04日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

魚住氏が街頭演説
透明性さらに高める
三重・津市
国民の声に応える政治をと訴える魚住氏(左から2人目)ら=4日 三重・津市

 

 

公明党三重県本部主催の街頭演説会が4日、三重県津市内で開かれ、先の参院選で3期目の当選を果たした魚住裕一郎同県本部顧問(参院議員)が政治安定への抱負を語った。これには今井智広県議、津市議会公明党の議員らが出席した。

 

魚住氏は冒頭、党員・支持者の真心の支援に心から感謝の意を表明し、参院で与野党の議席数が逆転したことに言及。政府提出法案などが参院で通過しにくくなる可能性を指摘した上で「国民の声に真摯に応える政治の実現が大切だ」と強調し、政治の安定を図っていく決意を述べた。

 

また政治とカネの問題について、「公明党は庶民の代表として政界浄化の先頭に立ってきた」と力説し、あっせん利得処罰法や官製談合防止法などの実績を紹介。「さらに、政治の透明性を高めていく」と訴えた。

 

(2007/08/05付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ