• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

21世紀愛知育政会「文化フォーラム」

2008年04月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

21世紀愛知育政会「文化フォーラム」に出席
国政報告をする魚住

 

 

 

 

 

19日、21世紀愛知育政会主催の文化フォーラムが名古屋市熱田区で開催され、魚住裕一郎(参院議員)が出席した。 21世紀愛知育政会は前参議院議員の山本保氏が代表を務めており、この文化フォーラムも13年の歴史を積み重ねている。政策ラウンジとして、最近の政治情勢や政策の進展具合などを報告し、参加者の皆様からご意見やご要望を聞く「市民との直接対話の場」として毎月開催されている。

 

 

山本保 前参議院議員(中)と宮澤佐知子 豊橋市議会議員(右)とともに

 

 

 

魚住は、今国会で焦点となっている暫定税率、道路特定財源の必要性を訴えるとともに、4月1日からスタートした後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の説明をおこなった。今まで保険料の軽減制度を導入していた名古屋市では保険料が上がる世帯もあるが、全国的に中・低所得者の保険料負担が下がることに触れ、持続可能な国民皆保険制度の理解を求めた。 ねじれ国会の中で、政局第一の野党を糺すとともに、どこまでも生活者第一の政治に全力を尽くすと語った。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ