• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

積雪地支援に全力

2008年05月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

全国協議会要請に井上氏

 

 

 

 

 

公明党の井上義久副代表(衆院議員)と魚住裕一郎参院議員は29日、衆議院第2議員会館で全国積雪寒冷地帯協議会(泉田裕彦会長=新潟県知事)の代表らと会い、2009年度政府予算の寒冷地帯対策に関する要望を受けた。

 

席上、泉田会長らは雪寒地域が食料やエネルギー供給地として「わが国を根底から支えている地域」と力説。地域社会の維持のため①除雪費支援制度の創設②除雪オペレーター(機器の操作者)など人的支援制度の拡充③地方交付税の充実――などを強く訴えた。井上副代表は、「事情はよく認識している。知恵をしぼり、(要望実現に)全力を尽くす」との考えを示した。

 

(2008/5/30付公明新聞掲載記事:一部)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ