• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

歴史踏まえ友好へ誓い

2008年08月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

民団主催
光復節記念式典で魚住氏
あいさつする魚住氏=15日 東京・千代田区

 

 

 

 

在日本大韓民国民団中央本部主催の第63周年光復節・中央記念式典が15日、東京都千代田区の日比谷公会堂で開かれ、公明党から魚住裕一郎参院議員が来賓として出席し、あいさつした。高木美智代衆院議員、大松成都議も出席した。

 

席上、魚住氏は、光復節と韓国建国60周年を記念する式典への祝辞を述べるとともに、日本の終戦記念日にあたる韓国の光復節を迎え、「文化大恩ある国に日本が何をしたのか、この歴史認識をしっかりと踏まえつつ、両国の平和友好へ、誓いを新たにしていかなければならない」と強調。

 

さらに、公明党が主張している永住外国人の地方選挙権の付与について、「自民党や民主党に理解を得て、実現していきたい」と述べた。

 

(2008/8/16付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ