• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

豪雨被災者を激励

2008年08月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

公明、各地で支援に奔走

 

被災現場を視察する魚住氏(左から5人目)
 

 

 

 

【愛知・一宮市】党愛知県本部・災害対策本部の荒木清寛本部長(参院議員)は、住宅の浸水被害が出た一宮市を訪れ、精力的に調査活動を行うとともに被災者を励ました。魚住裕一郎副本部長(参院議員)、地元県・市議らも同行した。

 

一行は、冠水で通行止めとなった県道井ノ口江南線を訪れ、猛烈な雨で排水が追いつかなかった状況などを確認。その後、床下浸水などの被害に遭った五日市場地区を訪問し、被災者の声に耳を傾けた。

 

また荒木氏らは名古屋市の西、中川、中村各区でも、地元市議とともに被災者を見舞った。

 

(2008/8/30付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ