• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

雇用、子育てを守る

2008年09月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

名古屋市で伊藤氏ら
公明党の青年政策をアピールする(右から)魚住、伊藤、荒木の各氏ら=14日 名古屋市

 

 

 

 

公明党愛知県本部青年局(金庭宜雄局長=名古屋市議)主催の街頭演説会が14日、名古屋市内3カ所で開かれた。これには同県本部の荒木清寛代表、魚住裕一郎代表代行(ともに参院議員)、伊藤渉副代表(衆院議員、党青年局次長)らが参加し、公明党の青年政策などをアピールした。

 

 

青年党員とともに街頭活動を行う魚住(中央)

 

 

 

 

このうち同市中区の街頭演説会で、伊藤氏は若者の就労支援として、正規雇用を推進する企業への優遇税制などにより「5年間で500万人の雇用創出に努めたい」と強調。また公明党が職業訓練の受講者に対する5万円の給付金支給や、児童手当の支給対象を中学3年生までに拡大する政策を掲げていることなどを紹介し「日本の未来を担う若い世代の仕事や子育てを全力で応援する」と訴えた。

 

(2008/9/9付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ