• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

浄化槽の整備促進を

2008年10月03日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

補助率引き上げなど要望
山口政調会長ら
斉藤環境相(中央左)に要望書を手渡す山口政調会長(右隣)魚住氏(右端)ら=3日 国会内

 

 

公明党の山口那津男政務調査会長らは3日、国会内で斉藤鉄夫環境相(公明党)と会い、2009年度の浄化槽整備事業の関係予算に対する要望書を手渡した。

 

この中で山口政調会長は、今後の汚水処理整備は下水道から浄化槽へ大きく舵を切るべきだと主張。「環境政策を大きく前進させるために、斉藤環境相と協力して頑張りたい」として、(1)浄化槽整備事業の補助率の引き上げ(2)整備促進のための普及啓発事業費の増額――などを求めた。

 

これに対し斉藤環境相は、「要望の実現へ全面的に努力したい。住民への啓発活動にもしっかり取り組む」と述べた。

 

山口政調会長らは同日、中川昭一財務相に対しても同様の申し入れをした。

 

(2008/10/4付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ