• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

国民あざむく民主党

2008年11月08日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

街頭演説で魚住氏 マルチ業界との関係批判

 

マルチ商法業界と民主党の関係を批判する魚住氏(右から3人目)

 

 

 

公明党岐阜県本部主催の街頭演説会が8日、可児、多治見の両市で開かれ、魚住裕一郎同県本部顧問(参院議員)が地元市議らと、公明党への支援を呼び掛けた。

 

このうち多治見市の街頭演説で魚住氏は、「政治にとって一番大事なことはスピードだ」と語り、国会で審議されている金融機能強化法改正案などを早期成立させたいと力説。

 

また、魚住氏は、消費者とのトラブルが絶えないマルチ商法業界から、民主党国会議員への資金提供が次々と発覚している問題を挙げ、「国民から苦情が寄せられる業界を擁護するような民主党に政権担当能力はない」と厳しく批判した。

 

(2008/11/15付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ