• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

整備新幹線で期成同盟会が要望

2008年11月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

井上副代表ら対応

 

整備新幹線関係18都道府県期成同盟会から要望を受ける魚住氏(左から1人目)

 

 

 

公明党の井上義久副代表らは28日、衆院第1議員会館で整備新幹線関係18都道府県期成同盟会から、新幹線の早期着工などについて要望を受けた。

 

この中で期成会側は、「国土の発展と地域の振興に、新幹線の整備が強く望まれている」と主張。その上で①来年度に新規区間(北海道、北陸、長崎)の認可・着工②安定的な事業実施へ財源の確保--などを要望した。

 

井上副代表は、「整備促進へ、今後も頑張りたい」と答えた。

 

(2008/11/29付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ