• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

強固な友好を構築

2008年12月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

韓日議連の表敬受ける
太田代表ら
韓日議連一行を歓迎する太田代表、魚住氏(右端)ら=11日 衆院第1議員会館

 

 

 

公明党の大田昭宏代表は11日、衆院第1議員会館で李相得・韓日議員連盟会長の表敬を受け、和やかに懇談した。公明党から北側一雄幹事長、冬柴鉄三常任顧問、赤羽一嘉国際委員長、上田勇同副委員長らが出席した。

 

席上、太田代表は世界的な金融危機をはじめとする直面する問題に対し、「未来志向で両国が直面する経済問題に力を集中する時」との認識を表明。13日に行われる日中韓首脳会談などを通し、「(両国が)さらなる強固な関係構築できるよう支援したい」と述べた。

 

李会長は、過去に依存した韓日の政治的葛藤の再燃予防や両国関係の発展に公明党が果たしてきた役割を称賛するとともに、永住外国人の地方選挙権付与に積極的に取り組む公明党に感謝し、さらなる支援を要請した。

 

李会長は、李明博大統領の実兄で、前国会副議長。日本での太田代表との会談は、今年1月に続き2度目。3月の太田代表訪韓の際も会談している。

 

(2008/12/12付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ