• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

定額給付金への期待高い

2009年02月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

環境分野で地域活性化も
参院総務委で魚住氏

 

魚住氏=12日 参院総務委

 

 

 

参院総務委員会は12日、2008年度の国税収入の落ち込みに伴う地方交付税の財源不足を穴埋めする地方交付税法等改正案を自民、公明、民主、社民各党の賛成多数で可決した。採決に先立ち、公明党の魚住裕一郎氏が質問に立った。

 

この中で魚住氏は定額給付金に関して、報道各社の調査で多くの国民が「受け取る」と回答していることを指摘。「定額給付金を早く実施してほしいとの声は、日増しに大きくなっている」として、総務省の実施本部に寄せられている意見を尋ねた。

 

岡崎浩巳官房総括審議官は、「1月以降、期待の声が多くなった」として、国民の間で早期実施への機運が高まっているとの認識を示した。

 

また魚住氏は、環境分野での経済活性化政策である日本版「グリーン・ニューディール政策」に言及し、地方自治体の役割について見解を求めた。これに対し鳩山邦夫総務相は、同政策が地域活性化に役立つよう、支援を考えたいと述べた。

 

(2009/2/13付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ