• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

民団・新三機関長が表敬

2009年03月05日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

太田代表ら応対
新たな出発を祝福

 

鄭団長らの表敬を受ける太田代表(左から4人目),魚住(左から2人目)氏ら=5日 公明党新館

 

 

 

 

公明党の太田昭宏代表は5日、東京都新宿区の公明党新館で、在日本大韓民国民団(民団)の鄭進団長をはじめ、民団の定期大会で選出された新三機関長の表敬を受けた。公明党の冬柴鉄三常任顧問、高木陽介衆院議員、魚住裕一郎参院議員が同席した。

 

 

話を聞く魚住(左から2人目)

 

 

 

席上、再任された鄭団長が黄迎満議長(新任)、金昌植監察委員長(再任)らを紹介。さらに実施の確定した定額給付金が外国人住民も対象としていることから「温かく配慮してもらいありがたい」と述べた。

 

太田代表は新出発を祝福するとともに、さらなる景気対策の実行に全力を挙げると力説。

 

公明党が国会に提出している永住外国人への地方選挙権付与法案の成立へ向け、尽力する考えを示した。

 

(2009/3/6付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ