• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

3団体から要望聞く

2009年12月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

愛知で坂口、草川副代表ら

 

司法書士団体の要望を聞く公明議員ら(左列)=12日 名古屋市

 

 

 

公明党愛知県本部は12日、名古屋市内で団体懇談会を開催し、愛知県司法書士会・日本司法書士政治連盟愛知会、日本行政書士政治連盟愛知会、愛知県トラック協会からそれぞれ要望を受けた。

 

公明党から坂口力、草川昭三の両副代表、魚住裕一郎参院議員らが出席した。このうち、司法書士団体との懇談で同政治連盟愛知会の大須賀憲太会長は、2002年の司法書士法改正後、司法書士の相談業務が従来より制限されている現状に触れ、「国民に対する法的サービスが提供できず苦慮している」と指摘。無料法律相談など民事紛争を予防・回避するための相談業務ができる法改正を要望した。  坂口副代表は、「要望を関係省庁に届けたい」と答えた。

 

(2009/12/13付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ