• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

地方選挙権実現に全力

2010年01月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

民団の集いで浜四津代行

 

あいさつする浜四津代行(中央)、魚住(右から3人目)ら=12日 都内

 

 

 

公明党の浜四津敏子代表代行は12日、都内で行われた在日本大韓民国民団中央本部(民団)の賀詞交歓会に出席し、あいさつした。井上義久幹事長、斉藤鉄夫政務調査会長、松あきら女性委員長ら、多数の衆参国会議員も出席した。

 

この中で浜四津代行は、「日本にとって韓国は、文化大恩の国であり、兄、姉の国だ。公明党の議員はこの思いを共通にしている」と強調。永住外国人への地方選挙権付与についても、公明党は10年来、実現をめざしてきたとした上で、「あきらめることなく、解決に向けて真剣に取り組んでいく」と力説した。

 

さらに、両国間の若者や女性、文化交流を力強く進めていきたいと述べた。

 

(2010/1/13付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ