• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

ハイチ大地震 真心の支援呼び掛け

2010年01月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

水、食料、医師などが不足
公明、各地で街頭募金

 

真心の支援を訴える魚住氏(左端)=17日 名古屋市

 

 

公明党愛知県本部は17日、「ハイチ地震被災者を支援する愛知県民の会」(柴田弘会長)とともに、名古屋市で街頭募金活動を展開した。

これには、荒木きよひろ県代表(参院選予定候補=比例区)、魚住裕一郎同代表代行の両参院議員らが参加した。

 

荒木、魚住両氏は大地震による甚大な被害を訴え、「日本も15年前、阪神・淡路大震災で、国際社会から多くの助けと励ましを頂いた。恩返しをするためにも、真っ先に救援活動に立ち上がり、人道支援の輪を広げたい」と述べ、真心の募金を呼び掛けた。

 

(2010/1/18付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ