• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

医療・年金・介護も迷走

2010年12月05日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

坂口、魚住氏ら 菅政権の対応を批判
名古屋市

 

政経セミナーで統一地方選勝利を訴える坂口副代表(左から2人目)=5日 名古屋市

 

 

公明党の坂口力副代表は5日、名古屋市で開かれた政経セミナーに出席し、統一地方選勝利を訴えた。

 

これには公明党の魚住裕一郎参院議員、伊藤渉青年局長、桂俊弘県議、長谷川由美子市議、党愛知県本部の犬飼明佳青年局次長(県議選予定候補)らが参加した。

 

席上、坂口氏は、政府・民主党が基礎年金の国庫負担維持や介護職員の待遇改善など、来年度予算に必要な財源を確保できていない上、後期高齢者医療制度の改革にも着手していない問題を挙げ「菅政権は外交・経済だけでなく、医療・年金・介護でも迷走を続けている」と批判。政治の停滞に強い懸念を示し「野党としてアクセルを踏んで政治を前に進めるのが公明党の役割だ」と力説した。

 

魚住氏は「混迷政局の中で、公明党は国民目線に立った政治を進める」と強調。

 

長谷川さんと犬飼氏は「地方政治の新しい時代を開く」と抱負を述べた。

 

(2010/12/7付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ