• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

行政書士連合会の要望受ける

2011年08月03日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

山口代表と党議員懇

 

 

 

要望を受ける山口代表(中央左)、石田懇話会会長(左から2人目)、魚住懇話会幹事長(左端)=3日 国会内

 

 

 

公明党の山口那津男代表と行政書士制度推進議員懇話会(石田祝稔会長=衆院議員)は3日、参議院議員会館で、日本行政書士会連合会の北山孝次会長らから、東日本大震災支援などで要望を受けた。

 

北山会長らは、場所により行政書士会が実費負担まで行っている被災自動車の抹消登録手続きなどへの支援を要請。このほか、行政不服申し立ての行政書士による代理手続きを可能にする法改正なども訴えた。

 

山口代表、石田会長らは、「近年、行政書士の役割は重要性を増している。要望を受け止め全力で努力する」と強調した。

 

(2011/8/4付公明新聞掲載記事)




関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ