• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

臨時交付金で復興支援

2011年08月04日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

野党5党が議員立法提出

 

法案を提出する魚住氏(右から2人目)ら=4日 国会内

 

 

 

自民、公明、みんな、たちあがれ日本、新党改革の野党5党は4日、国会内で東日本大震災の被災市町村が復旧・復興事業に自由に使える交付金制度を創設するための「災害臨時交付金法案」を参院に提出した。

 

公明党から魚住裕一郎参院国会対策委員長が出席した。

 

同法案では、厳しい財政事情により復旧・復興もままならない被災自治体に対し、従来の交付金とは別に、幅広い復旧・復興事業に使える交付金を交付できるようにする。

 

社民、共産両党も賛成の意向で、野党側は与党の賛同を呼び掛け、法案の早期成立をめざす。

 

(2011/8/5付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ