• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

3党合意の努力生かせ

2011年09月02日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

愛知県本部の集いで山口代表
愛知県本部の懇親の集いであいさつする山口代表(中央)=2日 名古屋市

 

 

 

公明党の山口那津男代表は2日、名古屋市で行われた党愛知県本部(荒木清寛代表=参院議員)の「懇親の集い」に出席し、あいさつした。これには草川昭三党副代表、荒木県代表、魚住裕一郎県顧問の各参院議員、伊藤渉党青年局長(前衆院議員)らが出席した。

 

山口代表は、野田政権が発足したことを受け「当面、力を入れるべきは復旧・復興だ」と強調した上で「国民の期待に応えられるように力を合わせていくとともに、3党合意の努力を生かしきれるかどうかを見極める厳しい目を持ち、新政権に対応したい」と訴えた。

 

同集いでは、愛知県の大村秀章知事が祝辞を述べ、全国商店街振興組合連合会の坪井明治理事長をはじめ、多数の来賓が出席した。

 

(2011/9/3付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ