• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

党訪韓団がソウル入り

2011年12月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

西大門公園で慰霊碑に献花
井上幹事長ら

 

西大門独立公園の慰霊碑に献花する井上幹事長(中央)、魚住(左)、大口の両氏=25日 ソウル

 

 

公明党訪韓団の井上義久幹事長、魚住裕一郎参院議員、大口善徳衆院議員、遠山清彦国際局長(衆院議員)は25日午後、羽田空港発の日本航空機でソウル入りした。

 

今回の訪韓は韓国政府の招聘によるもので、日韓両国の政治家などの交流を深めることが目的。この日、訪韓団一行は、日本の植民地時代に独立運動家らが投獄された西大門刑務所の跡地にある西大門独立公園を訪れ、慰霊碑に献花した。

 

また、一行は同刑務所の歴史を伝える西大門刑務所歴史館の関係者と意見交換。この中で歴史館側は、同歴史館は「未来の(韓日関係の)発展のためにつくった施設だ」とした上で、「過去の歴史を基に、未来の(韓日両国の)発展をめざしていきたい」と強調。

 

また、同歴史館には多くの日本人も訪れ、若者を中心に韓日両国間の理解が進んでいる現状を報告した。

 

さらに、これまで公明党が訪韓団を派遣し、韓日両国の友好を深めてきたことを踏まえ、「公明党は韓国に非常に友好的だ」と述べた。

 

井上幹事長は「(日韓両国の)未来の友好、発展のためには歴史に学ばないといけない」と主張。今回の訪韓で日韓両国の友好関係を一段と深めていきたいと抱負を述べた。

 

訪韓団は26日、金泰煥ハンナラ党中央委員会議長(韓日議員連盟副幹事長)や、朴錫煥外交通商部第1次官、李允榮自由貿易協定(FTA)交渉局長らと会談する。

 

(2011/12/26付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ