• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

独禁法改正に懸念

2012年05月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

舟田立教大名誉教授が指摘 「大企業だけ有利」
党合同会議

 

独禁法改正案で舟田立教大名誉教授(左)と意見を交わした党合同会議=9日 参院議員会館

 

公明党の独禁法調査検討委員会(魚住裕一郎委員長=参院議員)と経済産業部会(佐藤茂樹部会長=衆院議員)は9日、参院議員会館で合同会議を開き、独占禁止法改正案について、立教大学の舟田正之名誉教授と意見を交わした。

 

同改正案は公正取引委員会から行政処分を受けた企業が異議を申し立てることができる審判制度の廃止などが柱。2010年3月に国会提出され、継続審議になっている。

 

席上、舟田名誉教授は「審判を担当する公取委が検察官と裁判官を兼ねるようなもので、公平性に欠ける」との批判に対し、審判官の独立性が高まっている審判制度の現状に触れ「現実には当たっていない」と強調した。

 

また、「今回の改正は大企業だけに都合がいい」と指摘。大企業が優越的な地位を利用して中小企業に不当な圧力をかけても、公取委が中小企業から意見を聞く仕組みがない点を問題視した。

 

魚住委員長、佐藤部会長は今回の法改正に懸念を示し、慎重に議論していくと述べた。

 

(2012/5/10付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ