• Twitter
  • Facebook
  • Youtube

閉会中審査要求で一致

2012年10月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

復興予算検証 公明・魚住氏が提案
参院野党

 

参院野党国対委員長会談に臨む魚住氏(中央右)=11日 国会内

 

 

参院の野党8会派の国会対策委員長らは11日午後、国会内で会談し、東日本大震災の復興予算を検証するため、決算、行政監視の両委員会と復興特別委で閉会中審査を行うべきとの考えで一致した。

 

席上、公明党の魚住裕一郎参院国対委員長は、「決算、行政監視は本来、参院の特色だ。問責決議の可決後も決算委で審議した先例もあるから、閉会中審査を行い、復興予算の使い道を検証すべきだ」と提案。

 

これを受けて各党は、民主党側に閉会中審査の開催を求めていくことを確認した。

 

また、魚住氏は、マニフェストが総崩れし、内政・外交で行き詰まる民主党政権に正当性がないことを指摘し、「一日も早い野田政権の退陣が、国難とも言うべき状況からの脱皮の一歩となるとの共通認識を持つべきだ」と述べた。

 

(2012/10/12付公明新聞掲載記事)

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ページトップへ